日本ファシリテーション協会が選ぶ、ファシリテーション本大賞第五位!

日本ファシリテーション協会に所属するファシリテーター達が推薦する本として選出されました! 1~4位は、ファシリテーションの世界では神様みたいな存在である「堀公俊さん」「森時彦さん」の本がランクインしています。 ファシリテーションの第一人者と肩…

【書評】若手が会議を裏で仕切り、より実りのあるものにすることができる

ライフハックブログさんが書評を書いてくださいました!しかも、綺麗なマインドマップ付き!こりゃ凄い。 紹介されている内容は超基本。それでも意外とできていないことも多いのではないでしょうか。 そうそう。概念として知っている人は多くても、ちゃんと…

【書評】ダ・ヴィンチニュース 「若手必見!グダグダ会議を変えるファシリテーションテクニック」

ダ・ヴィンチニュースが取り上げてくれていました。 ddnavi.com 少しだけ抜粋してみました。 葵の父親は語る。日本では会議では偉い人が仕切るものという考え方が根強い。上司の手際が悪くても部下は指摘しにくいから、いつの間にかそれが当たり前になって、…

【書評】 きっと、この本に出会えてよかったと、会議の後に振り返ることとなるだろう。

シェア読書.COMさんが、ガッツリ書評を書いてくださいました。 こりゃ凄い。本の内容が上手にサマライズされますね、この書評だけでざっと中身がわかる! sharedoku.com 少しだけ抜粋させていただきます。 ・・・ 「もっとまともな会議にならないものか。」…

【書評】会議を開催する立場にある中間管理職の方などは 参考になること間違いない

こちらのサイトで取り上げてくださっていました! ameblo.jp ありがとうございました!

共有が目的の会議などあり得ない

世界で一番やさしい会議の教科書で、最も反響の大きいテーマがこれです。 会議の目的設定の仕方 ひとことで言うと、「すること」は会議のゴール足り得ないという。 議論する 確認する 共有する 今日の会議は共有すること目的だ!なんて言ったりしてね。 こん…

【書評】 表紙の評価が・・・

読書メーターに、結構書評が上がっていました。 読んでくださった方、ありがとうございます。面白い傾向が見えてきたので幾つかピックアップしてご紹介します! 世界で一番やさしい会議の教科書 感想 榊巻 亮 - 読書メーター 気恥ずかしいような表紙だけど、…

【書評】動画書評:会議を変える魔法の一言があった・・・

活読普及協会事務局合同会社T&Pメディア事業部の黒瀧さんが、動画で書評を「語って」くださいました! www.youtube.com 熱い動画です!ありがとうございました!

【書評】プログラマー社長にコメントもらいました!

オルタナティブブログ(ITMedia)で執筆されている 日本シー・エー・ディー株式会社社長の小俣さんが書評を書いてくださいました! 一部を抜粋します。 将棋の素人(私)が、将棋の本を読んで、「穴熊囲い」は強固だから実戦でやろう、と思っても、実際にや…

【書評】会議の心得を身に着けさせるための適切なガイドブックと言える

クロスイデアblogさんに取り上げてもらいました。 「世界で一番やさしい会議の教科書」榊巻亮 著 « クロスイデアblog 一部を抜粋してみました。 ーー そんなこともあり、上で述べたような経験を通して私の会議術というのは磨きをかけて行ったものですが、一…

うちの社員のお父さんが本を読んでくれた…その結果…!

本で紹介した内容を実践してくださった方から報告を貰いました! しかも、ケンブリッジの社員のお父様から。 いや、この話は本当に面白い。 僕が社員から貰ったメールをそのまま公開しますね。 後日談がすごく好きです♪ ==ここから===========…

「本に書きれなかった」3つのお話 その2

前回に引き続き、本で書き切れなかったことを紹介します。 ①振り返りをすること ②会議の雰囲気を作ること ③対話を促すこと 前回は「①振り返りをすること」について書きましたが、。 <2016-01-28 - 書き切れなかった話 「振り返りをする」こと> 今回はこれです…

「本に書きれなかった」3つのお話 その1

本に書き切れなかったお話、ブログに書き留めておこう 本に書きたいことが幾つかあったんだけど、盛り込み過ぎになるので削ったものがあります。 ①振り返りをすること ②会議の雰囲気を作ること ③対話を促すこと 大きく3つくらい。せっかくなのでこのブログで…

テレビ東京系、モーニングサテライトでランキング2位!

1月26日放送の テレビ東京系モーニングサテライトで取り上げてもらっていました。 ビジネス書2位!! これは嬉しいですね(^o^) 読んで下さった方に感謝です。どうやら口コミで徐々に広がっているようです。 Amazonの書評にも、こんなコメントが。 こんな本を…

【書評】部長にこそ読ませたい

先日、システム開発会社の経営企画部門に務める知人からこんなコメントをもらいました。 「本読んだよ!やれてないなーって思うこと、明日から出来そうって思うことが沢山あった。たまたま年末に、まさに本の最後に紹介されている課題解決みたいな話の会議が…

グダグダ会議を変えるには徒党を組め! ~本の想定読者層が「若手」の理由~

「なぜ萌表紙なんですか?」「想定読者はどんな方だったんですか?」 表紙がアレなので、こんな質問をよくいただきます・・・。 「世界で一番やさしい会議の教科書」を書くときに、一番最初に悩んだのは想定読者層でした。 若手を想定して書くのか、偉い人た…

「試し読み②」本書の一部を公開します。

榊巻です。 試し読みの第2弾です。 年内に1度、本書の1部を公開しましたが、今回もちょっとだけ公開します。 これからどう進んでいくのか、興味を持ってもらえるんじゃないでしょうか。 その前に、前回の試し読みも掲載します。 前回は、 「ファシリテーショ…

どんなに「会議ノウハウの本」を読んでもダメな理由 ~そこのあなた、その会議本読んでもアレですよ・・・~

「世界で一番やさしい会議の教科書」が出版されて早くも数ヶ月が経ちます。いろんな感想を頂きますが、圧倒的に多いのは「 明日から始めようと思います」「現場目線で分かりやすかった。イメージしやすかった」という声。 コンサル目線と現場目線 この本を書…

【書評】理想の「MBA帰り」をイメージすることができました。

MBA留学中の方から書評を頂きました。一部引用すると、 本書にはMBAで学ぶ「フレームワーク」と、フレームワークを振りかざす、MBA帰りが煙たがられる要因がさらりと書いてあります。(中略) 帰社後、いろんな方の考えを尊重しながら、学んだことを少しずつ利…

【書評】読んだあとに振り返って思うが、本当に無駄な会議が多い。

Amazon上はいろんな方が書評を付けてくださってます。ありがたいことに高評価も付けていただいて・・・!感謝です! さて、ブクログというwebサービス上で、長い書評を書いてくださっている方を発見!すごい長い!しっかり読んでくれているのがわかってうれ…

週間ビジネス書ランキング1位いただきました!!

八重洲ブックセンター本店で、「世界で一番やさしい会議の教科書」が週間ビジネス書ランキングで1位をいただきました。 いやー!こういうの見ると嬉しいですね。 エスカレーター上がって、二階のビジネス書コーナーへ行こうとしたら、昨年から引き続き、まだ、…

amazon「なか見!検索」がオープン、しかーし!!

いつの間にかamazonの「なか見!検索」が開いていました。 結構なページ数が読めるので、気になる方はこちらから立ち読みもどうぞ。 面白いんですが、「なか見!検索」で公開する部分は指定することができないらしいんです。著者なのに。 Amazonにお任せする…

【書評】若手が本書を手にとってくれると見違えるように会社が変わりそう

プロジェクトのプロから書評をいただきました! 彼は、ITコンサルティング会社を経て、Web上でサービス提供をする先進的な会社に移り、現在は独立して活躍されている正真正銘プロジェクトのプロです。 いただいた生コメントをそのまま転載します。 小説形式…

「小説の難しさ」を思い知る

本当に小説書くの難しいです。 小説家はスゴイ。漫画家はもっとスゴイ。 何が大変かってストーリーを考えるのが大変。「友情、努力、勝利」はジャンプの合言葉ですが、これらが含まれていないと面白く無いそうです。 友情:共に戦う仲間、師匠、ライバルがい…

え?なんで小説仕立てなのかって? それはね・・・

読んで下さった方々から、徐々に感想をいただくようになりました。 面白かった 小説仕立てでわかりやすかった 明日から使える まるで自分が体験している様だ 「ウチでは無理」と言わせない力がある 挿絵がアレで電車で読みづらい などなど。いやー嬉しいです…

【書評】「自分自身が体験しているようである」

Webに書評を載せてくださっている方を発見! 良いこと書いてくれますなぁ。 「世界で一番やさしい会議の教科書」とあるとおり、本当に分かりやすく、易しく書かれています。誰でもすぐに使えるスキルから、奥深いスキルまで、丁寧に説明されています。なによ…

【書評】お客さんから戴いた、生の感想

本の冒頭に「僕らと一緒にプロジェクトをやったお客さんが、社内の会議を変えてしまう」と書きましたが、そうやって実際に社内の会議を変えた方が、本の感想を送ってくださいました。 半年間プロジェクトを一緒にやったお客さんです。そのまま転載させていた…

八重洲ブックセンターでスゴイことに!

出版からまだ2週間くらいですが、八重洲ブックセンターでスゴイ待遇をしてもらっています! 何面平置きなんだ?! ありがたや!

日本橋 丸善でも「話題書」入りしてます!

日本橋の大型書店、丸善にて。 似たような"萌本"と仲良く並んでいるのが笑えます。

「試し読み」 本文を部分的に公開します

こんにちは、榊巻です。 「世界で一番やさしい会議の教科書」ってどんな本だろう? ちょっと読んでみたいかも!!そんな興味を持ってくれた人に少しですが、中身をお見せします。 今回は、主人公の葵がファシリテーションの存在を知る一場面を掲載してみました…

【書評】 プロのファシリテーターから「責任とってくれ!」と言われる ( ̄ー ̄)ニヤリ

現在、独立してプロのファシリテーターとして活躍している高田さんから書評を頂きました。 彼はケンブリッジのOBで会議やプロジェクトを知り尽くしたプロなのですが、我が意を得たり!のコメントを下さいました。 プロにこう言っていただけるのは嬉しいです…

ビジネス書 話題の本!

徐々に書店に出てきました。まだ並んでいない書店もあるみたいですが、有楽町の三省堂では、話題の本コーナーに置いてもらいました! POPも付けてくれていて、ありがたいですね。 よく見ると、減ってそう(売れていそう)な感じです(^o^)/

おお!ようやく現物届きました!

見本刷りできました! 前の本もどさくさに紛れて宣伝。 奇しくも「教科書」繋がりですね。 本になってみると、案外分厚い! 300ページ超なので読み応えあるように見えるけど、読んでくれて人はみんな「さくさく読める」「一気に読める」と言ってくれるので、…

表紙が確定しました

装丁が決まりました。プロがイラストを書いてくれました!シンプルだけどインパクトのある表紙。 日経BP社の編集長と、ウチのマーケティング担当が、「主人公の葵ちゃんはショートカットのイメージですよね!」「私もそう思います!じゃあ、こんな雰囲気かな…

グダグダ会議は、2つを押さえれば変えられる!

こんにちは 前回は、「グダグダな会議は、会社にとって、プロジェクトにとって致命傷になり得る」という著者の課題意識について、書きました。 今回は、「日本の会議が変わらないのは何故か? 」を著者のメッセージより紹介します。 =========================…

グダグダ会議が会社をツブス(著者の課題意識)

今回は、著者である榊巻が、どうしてこの本を書いたのか。その背景にあった課題について紹介します。 以下は本書の出版企画書の一部です。 ================================================================= 「30,000時間」 ・・・あなたが一生涯で会議に…

著者のプロフィール

こんにちは、今日は、著者の紹介をします。 【著者】榊巻 亮(さかまき・りょう) 【略歴】 ケンブリッジ・テクノロジー・パートナーズ(株) アソシエイト・ディレクター大学卒業後、ダイワハウス工業株式会社に入社。住宅の設計業務に従事すると同時に、業…

「世界で一番やさしい会議の教科書」って、どんなお話?

こんにちは もうすぐ、本が出ます。「世界で一番やさしい会議の教科書」です。 これから、このブログで本書についてのいろんな情報を発信していきます。 今回は、本書のストーリーのついて、紹介したいと思います。 【本書のあらすじ】今年50周年を迎える一…